2019.8.11

富士山5合目で人権啓発活動

県連合会など

 県人権擁護委員連合会と甲府地方法務局は、富士山5合目で人権への理解を深めてもらう啓発活動をした。

 人権擁護委員ら43人が参加。観光客や登山客に、人権に関する相談窓口の連絡先を記したうちわ、人権イメージキャラクターのキーホルダーをそれぞれ500個配った。

 外国人観光客が増加していることから、うちわには外国人向けの相談窓口の連絡先を英語で明記した。

 5合目での啓発活動は、観光客が増える7月下旬に毎年行っている。今年で14回目。

(2019年8月9日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別