2019.8.10

あす甲府で「山の日」全国大会

山梨の豊かな自然、後世に継ぐ機会に

「山の日」主な関連イベント 第4回「山の日」記念全国大会の式典が11日、甲府市総合市民会館で行われる。県土の8割を森林が占める、山梨県の豊かな自然を後世に引き継ぐ機会にする。

 式典は「山の日」議員連盟会長の衛藤征士郎衆院議員の開会宣言で開幕。主催者である長崎幸太郎知事や来賓の原田義昭環境相らがあいさつする。

 会場では、富士北麓地域の和太鼓愛好家らでつくる「富士山火焔太鼓」による和太鼓の演奏のほか、山梨の自然をPRする動画などを流して盛り上げる。来年の大会開催県である大分県に、舞台を引き継ぐセレモニーも行う。

 式典後は、山岳ライターの小林千穂さん(甲府市在住)と紀行作家シェルパ斉藤さん(北杜市在住)、趣味が登山という女優の釈由美子さんによるトークショーを開催。山梨の山や自然の魅力をさまざまな角度から伝える。

 「山の日」に合わせ、県内各地では多彩な関連イベントが催される。

 「山の日」は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを目的に制定された国民の祝日。全国大会は山の日の趣旨を周知しようと毎年開かれていて、これまでに長野県松本市、栃木県那須町、鳥取県大山町などが会場となった。

(2019年8月10日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別