2019.8.12

峡南から見る富士「インスタ」で募集

富士川ツーリズム推進会議

「富士川地域裏不二(富士)インスタグラムフォトコンテスト」のチラシ

「富士川地域裏不二(富士)インスタグラムフォトコンテスト」のチラシ

 富士川地域歴史・文化ツーリズム推進会議は、峡南地域で撮影した富士山を題材にした「富士川地域裏不二(富士)インスタグラムフォトコンテスト」を開いている。写真共有アプリ「インスタグラム」で作品を募集。葛飾北斎の作品にもなった富士山の景観をPRし、誘客につなげようと初めて企画した。

 葛飾北斎の冨嶽三十六景のうち、「甲州石班澤」と「身延川裏不二」は峡南地域から見た富士山が題材になった。また、千円札にデザインされた本栖湖(身延町)からの富士山や富士川町高下のダイヤモンド富士、ハート形の空洞から富士山が見える南部町の白鳥山森林公園などがあることから、インスタグラムで「富士川(峡南)地域から見える『富士山』」をテーマにフォトコンテストを企画した。

 作品は富士山が写っていることが条件で、今年7月1日から来年2月14日までに撮影した写真が対象。応募方法は、フォトコンテストのアカウント(urafuji_photocontest)をフォローした上で、写真に「#ウラフジフォトコン」を付けて投稿する。コメント欄に撮影場所や撮影年月日、内容を記載する。2月14日まで募集している。

 応募作品から最優秀賞や優秀賞、地域賞を選ぶ。最優秀賞と優秀賞には賞金と地域の特産品が、地域賞には地域の特産品が贈られる。

(2019年8月10日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別