2019.8.30

火祭り神輿、神社に帰還

富士吉田・すすき祭り

 400年以上の歴史を誇る「吉田の火祭り」2日目の27日、富士吉田市上吉田の北口本宮冨士浅間神社などで、「すすき祭り」が開かれた。

 同市上吉田4丁目の「御旅所」に納められていた「明神神輿」と「おやま神輿」の2基が神社に戻る行事。御旅所を出発した後に市内を練り歩き=写真、金鳥居前では「金鳥居祭」を行った。

 神輿は神社に戻り、境内に奉納された。ススキの玉串を持って神輿の後を歩くと無病息災などの願いがかなうとのいわれがあり、市民や観光客らは神輿の列に加わったり、スマートフォンで撮影したりしていた。

(2019年8月28日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別