2019.9.08

通年イベントで「アートの村」発信

山中湖観光協 ライブ、舞踊…在住作家ら出演

コンテンポラリーダンスを体験する参加者=山中湖村山中

コンテンポラリーダンスを体験する参加者=山中湖村山中

 山中湖観光協会(高村照己会長)は、年間を通じた芸術イベント「山中湖アートプロジェクト」を開いている。今年初めて企画し、7月から現代舞踊の体験会やミュージシャンによるライブを開催。11月にダンスパフォーマンス、12月に山中湖中ジャズバンド部などのステージを予定している。

 同協会は昨年、将来的に開催を目指している「山中湖芸術祭」のプレイベントを開催。日本画家の横山大観や作家の三島由紀夫らとゆかりがあることから「芸術と文学の村」をアピールするため、2週間にわたって現代アート作家らによる体験会や講演会、作品展などを開催した。

 芸術祭で村内に数多くのアート作家が在住していることが分かり、「『芸術と文化の村』のイメージを定着させたい」とアートプロジェクトの開催を決めた。

 7月には現代舞踊の一つ「コンテンポラリーダンス」の本場であるイスラエルからダンサーを招いて体験会を開いたほか、8月には村内在住の音楽家によるライブを開催した。今後は11月の「紅葉まつり」や来年2月の「アイスキャンドルフェスティバル」など村の恒例イベントと合わせ、音楽やダンスのステージを行う。

 同協会の担当者は「多くのアーティストが在住する村で、発信する場をつくり続けたい」と話している。

(2019年9月6日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別