2019.9.21

「富士山に力もらった」

仏代表が初戦前に会見

 20日に開幕するラグビーのW杯日本大会に出場するフランス代表チームは18日、21日の初戦を前に富士吉田市内で記者会見した。選手たちは「富士山からパワーをもらった」「素晴らしいおもてなし」などと、山梨の印象や大会への意気込みを語った。

 セバスティアン・バハマヒナ選手は会見で「素晴らしい環境で、良い練習ができた。山梨の人々のおもてなしも素晴らしかった」と語った。1次リーグ初戦のアルゼンチン戦に向け、「試合を心待ちにしている」と意気込んだ。

 マクシム・メダル選手は学校訪問で子どもたちと触れ合ったことや、寺で座禅を体験したことを山梨での思い出として挙げた。「チームはとてもいい雰囲気。富士山からもらったパワーで頂点まで行きたい。日本だけでなくフランスも応援してほしい」と話した。

 フランス代表は8日に来日し、事前キャンプ地と公認キャンプ地の同市と富士河口湖町で調整していた。

(2019年9月19日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別