2019.10.18

三島由紀夫の自筆資料45点

山中湖・文学館で特集展示

山中湖村の三島由紀夫文学館で初公開された作家三島由紀夫の自筆資料45点を展示。20年間の研究の成果をコンパクトに紹介している

 山中湖村の三島由紀夫文学館(佐藤秀明館長)は16日から、開館20周年を記念し「ここで見つかった資料たち」と題した特集展示を始める。1999年の開館以来、同文学館で初公開された作家三島由紀夫の自筆資料45点を展示。20年間の研究の成果をコンパクトに紹介している。

 常設展の一角にコーナーを設置。代表作「豊饒の海」の創作ノートや、10代の頃につづった習作や作文などの原稿が並ぶ。また、山中湖村が2020年東京五輪で自転車競技のコースの一部になっていることから、五輪関連の資料も展示する。三島は特派記者として1964年大会を取材。ボクシングや開閉会式の様子を記したノートがある。

 同文学館研究員の井上隆史さんは「資料発見のたびに作品は生まれ変わっている。そのことが体感できる展示」と話している。特集展示は来年5月10日まで。

(2019年10月16日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別