2019.11.10

観光客の安全確保、事例交え対応学ぶ

19日、富士吉田

 富士五湖観光連盟と富士吉田商工会議所は19日午後2時から、富士吉田市のハイランドリゾートホテル&スパで、観光業者が災害発生時に観光客の安全を確保する取り組みを学ぶ「観光防災セミナー」を開く。

 富士山を目当てに多くの外国人観光客が訪れていて、災害時の安全確保や避難誘導が課題となっている。全国各地でさまざまな自然災害が相次ぐ中、富士五湖地域で噴火や地震、豪雪といった災害が発生した際の対応について学んでもらおうと企画した。

 講師はJTB総合研究所観光危機管理研究室長の高松正人さんが務める。「あなたは観光客の安全を守れますか?」と題して講演し、全国各地の事例を交えながら、対応策をアドバイスする。

 参加無料。観光業関係者以外の参加も可能。定員100人。問い合わせは富士五湖観光連盟、電話0555(22)7102。

(2019年11月8日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別