2019.11.10

船津小児童が英語で外国人観光客と交流

河口湖駅前で校外学習

外国人観光客にインタビューする児童=富士急行線河口湖駅

外国人観光客にインタビューする児童=富士急行線河口湖駅

 富士河口湖町の船津小(渡辺信校長)は、富士急行線河口湖駅で、児童が英語で外国人観光客にインタビューする校外学習をした。

 2020年度から小学校に英語教育が本格導入されるのを前に、町は昨年度から全小学校に英語授業を導入している。船津小は実践的なコミュニケーションを学ぶ機会をつくろうと、外国人観光客の利用が多い河口湖駅で校外学習に取り組んでいる。

 10月30日に行い、5年生93人が参加。3、4人のグループとなり、外国人観光客に声を掛け、名前や出身地、好きな食べ物などを英語で質問した。

(2019年11月8日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別