2019.12.06

季節外れ桜咲く、富士河口湖

季節外れの花を咲かせた八木崎公園の桜=富士河口湖町小立

季節外れの花を咲かせた八木崎公園の桜=富士河口湖町小立

 山梨県内は3日、各地で平年を上回る気温となり、富士河口湖町小立の河口湖畔にある八木崎公園では桜が季節外れの花を咲かせた。

 甲府地方気象台によると、朝の最低気温は甲府6.1度、河口湖4.6度、南部5.5度、韮崎と身延・切石4.3度、大月4.0度、勝沼3.4度など。各地で平年を6.1~2.1度上回り、10月下旬から11月下旬並みだった。

 日中の最高気温は甲府16.3度、河口湖11.4度など。各地で平年を3.2~0.7度上回り、11月中下旬並みの気温だった。

 公園を管理する町都市整備課によると、桜は春と秋の年2回開花する「ジュウガツザクラ」とみられ、今年は11月下旬から咲いていたという。この日は淡いピンク色の花が数十輪ほころび、地元住民らが珍しそうにスマートフォンで撮影する姿が見られた。

 11月の河口湖の月平均気温は8.4度で、平年を1.3度上回った。気象庁は「平年より気温が高いことがきっかけとなり、季節外れの時期に花が咲く可能性もある」と説明している。

(2019年12月4日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別