2019.12.29

天日にさらし干しイモ作り

鳴沢で本格化

薄く切って並べられたサツマイモ=鳴沢村

薄く切って並べられたサツマイモ=鳴沢村

 鳴沢村で干しイモ作りが本格化している。村サツマイモ生産組合(渡辺茂組合長)のビニールハウス内には、薄く切ったサツマイモが並べられている。

 組合によると、サツマイモは強い甘みが特徴の「紅はるか」「シルクスイート」などを使用。冷水で洗い、ふかして皮をむき、切り分けて乾燥機にかけた後、4日ほど天日に干して完成するという。

 作業は11月下旬から始まっていて、組合員が順番にハウスや機械を使用。出荷に向けた準備は来年2月末ごろまで続く。道の駅なるさわで販売している。

 組合員の小林富雄さん(74)は「軟らかく上品な甘みが特徴。毎年楽しみにしてくれている人のためにも、おいしい干しイモを作りたい」と話している。

(2019年12月27日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別