2020.1.01

令和初の新年縁起良く 

富士急行「寿駅」のえと入場券準備  

元日に販売する、えと「子」をデザインした寿駅の入場券を準備する駅員=富士急行線富士山駅

 令和初の新年に縁起物の駅入場券はいかが? 富士急行は1月1日、来年のえと「子」をデザインした駅入場券を限定発売する。12月30日は駅員が準備作業を行った。

 富士急行線で縁起の良い名前の「寿駅」の入場券で、来年のえとに合わせてネズミのイラストを描いた。富士山がデザインされた台紙付き。

 30日は富士山駅で、駅員らが各駅で販売する入場券の仕分け作業を行った。1枚180円で、1200枚を販売。東桂、月江寺の両駅を除く有人駅で取り扱う。

 富士山駅駅員の小俣和彦さん(34)は「入場券を手にした人にとって縁起のいい一年になってほしい」と話していた。

(2019年12月31日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別