2020.1.12

御朱印展「浅間」8社勢ぞろい 富士山遺産センター

展示されている8神社の御朱印や御朱印帳=富士河口湖・県立富士山世界遺産センター

 富士河口湖町船津の県立富士山世界遺産センターは、世界文化遺産・富士山の構成資産である八つの神社の御朱印などを集めた企画展「浅間神社八社の御朱印展」を開いている。

 山梨県側の北口本宮冨士浅間神社、河口浅間神社、冨士御室浅間神社、静岡県側の富士山本宮浅間神社、須山浅間神社、須走浅間神社、村山浅間神社、山宮浅間神社の御朱印や御朱印帳を展示。字体やデザインの違いなどを楽しむことができる。

 御朱印にはいずれも令和2年1月1日の日付が入っている。1日は社務所を休みとしている山宮浅間神社は、企画展のために特別に御朱印を用意した。

 河口浅間神社の御朱印は、「間」の文字の門構えの右端が右側にはねているのが特徴。冨士御室浅間神社の御朱印には、道中安全祈願のお守りが付いている。御朱印帳は富士山を描いたデザインが多い。

 センター担当者は「御朱印をきっかけに神社の文化や歴史に興味を持ったり、世界遺産富士山の奥深さを知ったりする機会にしてほしい」と話している。

 企画展は31日まで(28日休館)。午前9時~午後4時。入館無料。

(2020年1月10日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別