2020.1.20

「富士山見えなければ」企画50年目

ホテルマウント富士、宿泊無料19日間に増

 山中湖村山中のホテルマウント富士は、チェックアウトまでに富士山を見ることができなかった場合、宿泊客に無料宿泊券を贈るサービスを行う。恒例の名物企画は今年で50回目を迎え、例年よりも対象日数を増やして19日間で実施する。

 富士山が朝日で赤く染まる「紅富士」、山頂に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」が観賞できる季節に合わせて行っている名物企画。1971年に始まり、今年で50回目。節目の年として、例年は10日間程度としている対象期間を延ばし、20~31日と2月23~29日の計19日間で実施する。

 チェックイン(午後3時)からチェックアウト(午前11時)までに、富士山頂を1分以上連続して見ることができなかった宿泊客に、次回以降の宿泊時に使える無料宿泊券(1室2人)を贈呈する。

 ホテルスタッフがビデオカメラで富士山を撮影して判定。昨年は対象者がいなかったが、2018年は1日間で8組、17年は2日間で44組が対象になった。

 キャンペーンの対象は2日以上前に予約した宿泊客。当日と前日の予約や午前7時前にチェックアウトした人は対象外になる。無料宿泊券は4月24日まで利用できる。

 問い合わせは同ホテル、電話0555(62)2111。

(2020年1月18日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別