2020.2.08

過去最高の36億円コースター新設へ

富士急ハイランド、22年に

 富士急行(富士吉田市新西原5丁目、堀内光一郎社長)は5日、富士急ハイランド内に、過去最大規模の約36億円を投入し、新規大型コースターを整備すると発表した。2022年7月の開業を予定している。

 富士急行によると、新規大型コースターの導入は11年開業の「高飛車」以来。コースターの名称や構造、コースなどは未定としている。事業費は、過去最高額の約36億円を投入した06年開業の「ええじゃないか」と並ぶという。

 富士急行の広報担当者は「大型コースターを新たに導入することで遊園地のアトラクションに磨きをかけ、来園者に幅広い楽しみ方を提供したい」と話している。

(2020年2月6日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別