2020.2.09

災害時の安全確保は…

富士北麓首長「整備ありきは困る」

 富士山の登山鉄道構想で次世代型路面電車(LRT)の敷設を優位とした骨子に対し、富士北麓地域の市町村長からは6日、「観光面でプラスになる」「災害時などの安全確保に課題がある」などの声が上がった。「整備ありき」ではなく、地元の声を聞くよう注文を付ける首長もいた。

 富士河口湖町の渡辺喜久男町長は「富士山を電車で登るのは大きなインパクトがあり、観光が主産業の町としてはプラスだ」と歓迎。一方で「噴火や急病人が発生した場合など、緊急時の対応について詳しい説明がほしい」と求めた。

 鳴沢村の小林優村長は「環境保全の面から考えると、マイカー規制より路面電車の方が適しているのでは」と建設に賛成の立場。「通年で富士山5合目に登ることができ、観光の幅が広がる」としながらも、「雪崩などへの対応が重要。安全を確実に確保できるかが課題だ」と語った。

 富士吉田市の堀内茂市長はコメントを発表。県が富士山の地元に対して行う説明について、「『地元への説明』は静岡県を含めた富士山周辺の自治体や諸団体になされるべきだ」と指摘。その上で「『整備ありき』ではなく、地元の声をしっかりと聞いていただける姿勢でお願いしたい」とくぎを刺した。

(2020年2月7日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別