2020.2.09

富士登山鉄道に慎重意見

世界遺産学術委が検証へ

 富士山世界文化遺産学術委員会(委員長・遠山敦子元文科相)が6日、東京都内で開かれ、山梨県が進める富士山登山鉄道構想について、世界遺産の価値を保全する観点から検証する小委員会を設置することを決めた。委員から構想に「観光目的の鉄道という印象」と景観保全などの観点から慎重な対応を求める声が続出。遠山委員長は「構想はあまりにも問題が多過ぎる」と指摘し、学術委の意見を検討過程に盛り込むよう求めた。

 学術委には、文化財や火山防災分野などの有識者9人が出席。山梨県の担当者が富士山登山鉄道構想検討会でまとめた骨子を紹介した。環境や景観の保全、技術的観点から、富士山有料道路(富士スバルライン)上への次世代型路面電車(LRT)敷設が「最も優位性が高い」とする内容を説明した。

 これに対し、委員の一人は「観光誘致、観光開発のための鉄道という印象。なかなか納得できない」と疑問を投げ掛け、関係者や市民が登山鉄道の必要性を理解できるように整理を求めた。

 別の委員は売店などが並ぶ5合目の景観整理など登録時からの課題に触れ、「諸問題を置き去りにして、鉄道を走らせるという話が出てくるのはおかしい」と指摘。「(構想をこのまま進めて)登山鉄道への国際的な反対が出てからでは遅い。良い面と悪い面をまとめ、解決策を検討すべきだ」との意見もあった。

 遠山委員長は「あまりにも問題が多過ぎる印象がある。(学術委として)この問題に取り組むべきだ」と意見を集約。信仰の対象や芸術の源泉としての富士山の普遍的価値と登山鉄道が整合するかについて、議論する小委員会を設置することを確認した。

 遠山委員長は学術委の意見を登山鉄道構想の検討プロセスに入れ込み、多角的な議論をするよう求め、「それが富士山の普遍的価値を守るという山梨、静岡両県の責務を果たす上で大事なことだ」と指摘。山梨、静岡両県は今後、小委員会の設置時期について検討する。

 長崎幸太郎知事は取材に、「地元意見などを踏まえて構想が具体化する段階になった際に学術委の意見を聞きたい」と述べた。

 学術委ではこのほか、著しい混雑の解消や富士山5合目のアクセス交通の在り方の検討、落石対策などを新たに盛り込んだ富士山包括的保存管理計画の改定案について、承認した。改定案は3月中旬に作業部会で協議し、同月末に富士山世界文化遺産協議会に諮る。

(2020年2月7日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別