2020.2.10

西湖の氷オブジェ完成

県内今季一番の寒さ、山中湖で氷点下11度

氷のオブジェが並ぶイベント会場=富士河口湖町西湖

氷のオブジェが並ぶイベント会場=富士河口湖町西湖

 山梨県内は7日、未明から朝の最低気温が山中湖で氷点下11.9度を観測するなど、全10観測地点で今季一番の寒さとなった。

 気象庁によると、最低気温は大泉で氷点下11.0度、河口湖で同9.2度、韮崎で同8.1度、甲府・古関で同7.4度、甲府で同6.3度など。各地で平年を5.7~1.0度下回り、全観測地点で氷点下となった。

 暖冬の影響で氷のオブジェが完成していなかった富士河口湖町の「西湖樹氷まつり」(実行委主催)の会場ではこの日、厳しい冷え込みで製氷作業が進み、高さ4メートルを超えるオブジェが完成。富士山とオブジェを一緒に写真に収めるなどして楽しむ観光客の姿がみられた。

(2020年2月8日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別