2020.2.19

富士北麓「暖」盆地は「寒」

最高気温、冬に逆転

 山梨県内は16日、上空に暖かい空気が流れ込んだ影響で、午後10時までの最高気温は河口湖で15.3度(平年比9.0度高)、山中湖で14.9度(10.4度高)を観測し、いずれも4月中旬並みだった。一方、甲府の最高気温は8.7度(1.9度低)と1月下旬並みとなり、富士北麓地域の方が国中地域よりも最高気温が高い“逆転”現象が起きた。

 甲府地方気象台によると、標高の高い富士北麓や東部などは、南から暖かい空気が入り込んだ影響で気温が上昇。一方、標高の低い甲府盆地などは冷たい空気がとどまり、気温が上がらなかった。この時期に標高の高い河口湖や山中湖の最高気温が、国中地域を上回るのは珍しいという。

(2020年2月17日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別