2020.3.08

冷凍果物で「かき氷」

富士吉田の旅館・飲食業者 富士河口湖に専門店

河口湖ショッピングセンターBELL内にオープンした果物けずり専門店=富士河口湖町船津

河口湖ショッピングセンターBELL内にオープンした果物けずり専門店=富士河口湖町船津

 旅館・飲食業のFUJIYAMABASE(富士吉田市ときわ台2丁目、細山翔矢社長)は富士河口湖町の河口湖ショッピングセンターBELLに、凍らせた果物をスライスしたかき氷風のデザート「果物けずり」の専門店をオープンした。将来的には県産果実を使った商品を提供するという。

 店名は「KAWAGUCHIKO FRUITS MONSTER」。1階にあるタピオカ専門店「QUEEN’S PEARL」内にオープンした。現在は凍らせたイチゴ(5~6個分)をスライスし、練乳をかけた商品を500円で販売している。今後は、県産の桃を使った商品も販売する予定。

 店によると、果物けずりは「果物のかき氷とも言えるデザート」(担当者)といい、果物の味わいとともに、かき氷のような口どけ感が楽しめるのが特徴。祭りの出店や飲食店のサイドメニューなどで提供している店はあるが、専門店形式は珍しいという。

 店は、昨年12月に沖縄県内にオープンした店舗のフランチャイズ(FC)1号店の位置づけ。沖縄の店を運営するJOYNT(東京、入江陽水社長)とFC契約を結び、店のオーナーを務める細山社長は「SNS映えもする商品になっている。県産果実を使った商品も増やしていく」と話している。

(2020年3月6日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別