2020.3.12

ヒメマス解禁へ本栖湖で試釣り

試釣りをする組合員=本栖湖

試釣りをする組合員=本栖湖

 本栖湖漁協(伊藤正一組合長)は9日、ヒメマス釣り解禁(25日)を前に本栖湖で試釣りをした。

 午前8時すぎ、組合員7人がボートで沖にこぎ出し、午後2時ごろまで糸を垂らした。20匹ほど釣った組合員もいたが、1人当たりの釣果は平均すると10匹程度で、「例年よりも少ない」(漁協)という。体長は20センチとやや小さめだった。

 漁協は昨年11月末、県内外から仕入れた成魚1トンを放流している。伊藤組合長は「もっと水温が上がれば魚の動きも活発になるのでは」と話している。

 ヒメマス釣りの解禁期間は25日から4月25日まで。1日に釣ることができるのは1人30匹まで。遊漁料は1日3150円、ボート(2人乗り)代は2500円。

(2020年3月10日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別