2020.4.04

富士吉田市役所の壁画刷新へ

市制70周年を記念

デザインをリニューアルすることになった壁画=富士吉田市役所

デザインをリニューアルすることになった壁画=富士吉田市役所

 富士吉田市は、市役所庁舎壁面に描かれている絵のデザインを変更する。現在は世界文化遺産登録を記念した富士山を描いているが、市制施行70周年を記念してリニューアルする。10月のお披露目を目指している。

 現在の壁画は縦約9メートル、横約15メートル。2013年、富士山の世界文化遺産登録を祝い制作した。雪化粧した富士山の姿と「おもてな市富士吉田」の文言が書かれている。

 新たな壁画は、テキスタイルデザイナーで、メーカーや自治体のデザイン企画なども手掛けている鈴木マサルさん(東京造形大教授)が担当する。

 鈴木さんは07年から、郡内地域の織物業者に商品の展示方法などをアドバイス。09年からは東京造形大の学生らでつくる「フジヤマテキスタイルプロジェクト」の監修も務めるなど、同市に縁があることから依頼した。

 市はデザイン決定後に制作をスタート。10月に市内で開く「ハタオリマチフェスティバル」に合わせて披露したい考え。

(2020年4月2日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別