2020.4.07

下吉田駅、カフェ新装

テラス設置、訪日客に対応

リニューアルしたカフェ「下吉田倶楽部」=富士吉田市新町2丁目

リニューアルしたカフェ「下吉田倶楽部」=富士吉田市新町2丁目

 アウトドアリゾートやカフェなどを運営するピカ(富士吉田市、森田哲教社長)は4日、富士急行線下吉田駅に隣接するカフェ「下吉田倶楽部」をリニューアルオープンした。増加する外国人観光客に対応するため、新たにテラス席を設けメニューを拡充した。

 カフェは2011年にオープンし、地元住民の憩いの場として利用されてきた。しかし、富士山の世界文化遺産登録(13年)や、近くにある新倉山浅間公園が富士山のビューポイントとして人気を集め、外国人観光客の利用が増えたことから、リニューアルを決めた。

 ピカによると、テラス席は40席設置。店内には24席を用意している。これまではコーヒーやそばなどに限られていたメニューも拡充。外国人に人気というラーメンやパフェのほか、ミルクティーの上にチーズクリームを注いだ「フジヤマチーズティー」、歩きながら食べることができるジェラートなどを加えた。

 カフェの営業時間は午前10時~午後5時。毎月第1月曜日が定休。

 3日は関係者を対象にした内覧会を開いた。ピカの担当者は「メニューを充実させたので、地元の人にも気軽に利用してほしい。富士山や電車を見ながらゆっくりと過ごしてもらいたい」と話した。

(2020年4月5日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別