2020.4.09

富士山、学術的に解説

都留文大教授ら講義まとめガイド

 都留文科大の教授らが、富士山の文化や自然などについてまとめた「大学的富士山ガイド-こだわりの歩き方」を執筆した。富士山をテーマにした講義内容を中心にまとめていて、教授ならではの学術的視点から解説している。

 「大学的富士山ガイド」は、昭和堂が発行している、全国の大学がその地域の歴史文化などについて紹介する「大学的○○ガイド」シリーズの一つ。同シリーズで県内の大学が執筆を担当した本はなかった。文学部英文学科の加藤めぐみ教授(52)が発起人となり出版の準備を進めてきた。

 本はA5サイズで約270ページ3部構成。同大では富士山をテーマにした講義が約10科目あり、担当する教授ら16人が執筆を担当。英文訳も載せ、外国人観光客や留学生でも読めるようにした。

 第1部は、「富士山の登山客に都留市にも来てほしい」との思いから、市の歴史などを中心に紹介。富士講信者の登拝ルートの一部であることや、松尾芭蕉との関係などについてまとめた。

 第2部は、富士山が芸術や文化の源泉であることを踏まえ、時代ごとにどのような存在でどう表現されてきたか解説。第3部は自然に焦点を当て湧水、環境問題などを取り上げている。

 加藤教授は「富士山を観光するだけでなく、さまざまな視点から見て、知る機会にしてほしい」と話している。2300円(税別)。書店、通販サイトで販売している。

(2020年4月7日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別