2020.4.13

季節に合わせた切り絵40点並ぶ

富士吉田で作品展

季節に合わせた切り絵40点並ぶ 富士吉田市の切り絵愛好家で作る「富士切りえ研究会」(渡辺靖夫会長)は、富士急行線富士山駅の駅ビル「Q-STA(キュースタ)」で作品展を開いている。

 70~90代の会員10人の作品約40点を展示。桜やバラ、タケノコなど季節に合わせた作品は、デザインカッターで縁取りした切り絵の裏に和紙などを貼り付けて色鮮やかに仕上げている。

 金鳥居から望む富士山や、富士山有料道路(富士スバルライン)に向かうバスなどを表現した作品もある。

 展示は19日まで。午前10時~午後8時。

(2020年4月11日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別