2020.4.13

道の駅どうし臨時休館

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、道志村の道の駅どうしは10日までに、全ての施設を閉鎖した。閉鎖期間は当面の間。担当者は「緊急事態宣言の対象区域からの利用客が多く、従業員や村民を感染から守るため」と説明している。

 道の駅どうしによると、年間約70万~80万人の利用者のうち、東京都や神奈川県からの観光客が多いことを踏まえ、9日から臨時休館。農産物直売所や食堂などが入った施設が当面の間休館となるほか、公衆トイレと駐車場も閉鎖した。道の駅の担当者は「村内は高齢者が多く、慎重に判断した」と話していた。

 一方、外出自粛要請などに伴う利用客の減少を踏まえ、なるさわ(鳴沢村)は営業時間を短縮。

(2020年4月11日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別