2020.4.28

釣りの自粛要請、河口湖漁業協同組合

 河口湖漁業協同組合は26日から5月6日まで、釣りの自粛要請をすることを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対応。

 河口湖漁協によると、4月26日から5月6日までは釣り券の3カ月券と年間遊漁券の販売を中止。組合員が湖畔をパトロールし、釣り人に自粛を呼び掛ける。ワカサギ釣り用ドーム船は既に5月15日まで欠航が決まっている。

 河口湖漁協の外川強組合長は「釣り人は2月下旬から減り続けているが、感染拡大を防ぐために取り組む」と話している。

 また富士五湖観光船協会山中湖支部ドーム船部会は、4月26日までとしていたワカサギ釣り用ドーム船の欠航期間を8月31日まで延長することを決めた。

(2020年4月26日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別