2020.5.02

疫病退散を祈願

富士吉田で胎内祭

お焚き上げをする富士講の信者ら=富士吉田市上吉田

お焚き上げをする富士講の信者ら=富士吉田市上吉田

 世界文化遺産・富士山の構成資産「吉田胎内樹型」がある富士吉田市上吉田の吉田胎内神社で29日、恒例の胎内祭が開かれた。儀式では新型コロナウイルスの早期終息を願い、疫病退散を祈願した。

 同市上吉田地区の御師の家の当主でつくる「冨士山北口御師団」が主催。関係者が祝詞奏上や玉串奉納をした後、神奈川県横須賀市を拠点とする富士講「丸伊講」の先達・斉藤義次さん(89)らがお焚き上げを行った。

 例年は多くの観光客が見守るが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、関係者のみが参加した。

 吉田胎内樹型は、富士山噴火によってできた溶岩洞穴。現在の埼玉県志木市の「丸藤講」の先達・星野勘蔵が1892年に発見し、富士講信者が登拝前に身を清める巡礼の場所となった。

(2020年4月30日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別