2020.5.17

クマガイソウ咲き誇る、西桂

見頃を迎えたクマガイソウ=西桂町倉見

見頃を迎えたクマガイソウ=西桂町倉見

 西桂町倉見の倉見山にある「クマガイソウ園」で、クマガイソウが見頃を迎え、薄紫色の斑点を付けた袋状の花を咲かせている。

 クマガイソウはラン科の多年草。町産業振興課によると、約2800平方メートルの園内には約6千株が植えられている。30年ほど前から地元住民が同園の管理をしており、園内の草取りなどに取り組む。今年は、例年よりも開花が10日ほど遅かったという。

 町は例年、クマガイソウの開花の時期に合わせて、園内を無料公開しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、公開を取りやめた。担当者は「来年こそは多くの人に見に来てもらいたい」と話している。

(2020年5月15日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別