2020.6.04

待ってました!アユ釣り解禁、桂川

 大月、上野原両市内の桂川流域で1日、県内のトップを切ってアユ釣りが解禁された。早朝から多くの釣り愛好家が川へと繰り出し、待ちに待った銀鱗の手応えを楽しんだ。

 桂川漁業協同組合(萩原剛組合長)によると、解禁となったのは桂川のほか、支流の笹子川、葛野川、鶴川。大月市の猿橋周辺では午前9時までに約50匹を釣り上げた人もいた。釣れたアユの体長は平年並みで、15~18センチ程度という。

 漁協では、新型コロナウイルスの感染防止のため、各地区の遊漁券の販売所に消毒液を設置。漁協のホームページを通じ、釣り人同士が一定の距離を保ちながら釣りをするよう呼び掛けている。

(2020年6月2日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別