2020.7.05

安心して富士五湖観光を

地元企業などがプロジェクト 感染予防徹底の宿紹介/特典付きリストバンド販売

想いあい観光プロジェクトのインターネットサイトと販売するリストバンドのサンプル

想いあい観光プロジェクトのインターネットサイトと販売するリストバンドのサンプル

 観光プロモーションを手掛ける富士吉田市の企業が中心となって、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている富士五湖地域の企業活動を支援する「想いあい観光プロジェクト」を始めた。感染予防対策を徹底している宿泊業者をインターネットで紹介しているほか、施設で割引などのサービスを受けられるリストバンドを販売する計画。実行委の担当者は「情報発信を通じて安心して訪れてもらえる環境づくりをしたい」と話している。

 プロジェクト実行委員は企業や地元有志で構成。都道府県をまたぐ移動が解除された後も外出自粛の動きが続き、宿泊業者側も積極的な観光客の呼び込みをしづらい雰囲気があるという。対策を徹底している状況を第三者の立場から発信しようと、富士五湖観光連盟などと協力して6月からプロジェクトを始めた。

 新たに立ち上げたウェブサイトでは、消毒や定期的な換気、密集回避の工夫、従業員の体調管理など6項目に取り組む施設を掲載。7月下旬からは、観光客向けにウェブサイトにアクセスできるQRコード付きリストバンドを500円で販売する。対象施設でリストバンドを見せると、宿泊費の割引、オリジナルグッズや記念品の贈呈などの特典を受けられる。

 プロジェクトに参加している富士河口湖町西湖のHAMAYOUリゾート・ホテル光風閣くわるびは、フロントに感染防止用のシートや宿泊客の距離を保つための目印を設置。料理はビュッフェ形式を取りやめ、個々に提供するなどの取り組みをしている。特典は日帰り温泉施設の入浴割引券を用意している。

 風間秀樹支配人は「広く取り組みを周知できる。富士五湖地域を訪れる観光客が増えるきっかけになればいい」と話す。プロジェクト実行委の鎌倉有佑代表は「富士五湖地域の安全と経済をともに守りたい。観光客に安心して来訪してもらえるように情報発信していきたい」と話している。

(2020年7月3日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別