2020.7.22

ヒメボタル光の乱舞、足和田山塊

黄金色の光を明滅させながら森を舞うヒメボタル(約4分露光)=足和田山塊

黄金色の光を明滅させながら森を舞うヒメボタル(約4分露光)=足和田山塊

 富士北麓の足和田山塊で、ヒメボタルが飛び交っている。

 体長1センチに満たない小型の蛍。一生を陸上で過ごし、山地などの森林に生息する。雄はフラッシュ光のように短く明滅しながら低く飛ぶ。

 森が闇に包まれると草陰から現れ、無数の黄金色の光が木々を縫うように乱舞する光景が見られた。

(2020年7月20日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別