2020.7.26

4連休初日、県内少ない人出

コロナと悪天候響く

 4連休初日の23日、山梨県内の観光地は例年と比べて人出が少なかった。政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日に始まったばかりだが、東京都などで新型コロナウイルス感染が再拡大する中、観光関係者からは「外出を控える傾向が見られた」との声が聞かれた。

 富士河口湖町の「河口湖 富士山パノラマロープウェイ」の利用者は、例年の4割以下にとどまった。担当者は「東京都内での感染が広がっているため、外出を控える傾向が続いている。悪天候も重なって観光客は少なかった」と語った。

 同町の富士急行線河口湖駅に隣接する観光総合案内所にはこの日、約50人の観光客が訪問。7月に入ってからは20人を超える日がなかったが、担当者は「連休で人出が多くなったと感じるが、例年であれば1日に300人以上が訪れる。感染拡大の影響が続いている」と指摘した。

(2020年7月24日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別