2020.7.28

炭酸水と市内風景、自販機にデザイン

富士吉田市役所に設置

アサヒ飲料が設置したオリジナルデザインの自動販売機=富士吉田市役所

アサヒ飲料が設置したオリジナルデザインの自動販売機=富士吉田市役所

 アサヒ飲料(東京都)は22日、富士吉田市役所駐車場に、炭酸水「ウィルキンソンタンサン」をデザインしたオリジナル自動販売機を設置した。富士山のビュースポットとして人気の新倉山浅間公園からの風景が描かれている。

 同社が2017年から、市内の工場で炭酸水を生産している縁から設置。自販機には工場の写真を掲示し、炭酸水を市内で生産していることを紹介している。

 市は同社の炭酸水をふるさと納税の返礼品として扱っており、市ふるさと納税推進室の担当者は「炭酸水が市内で生産されていることを知ってもらう機会になれば」と話している。アサヒ飲料の担当者は「今後も市内の観光地などに同様の販売機の設置を進めたい」と話している。

(2020年7月26日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別