2020.7.30

富士山マイカー規制2週間

入場制限実施なし

富士山5合目に向かうシャトルバスに乗り込む観光客=富士吉田・富士山パーキング(24日)

 富士山5合目と麓を結ぶ富士山有料道路(富士スバルライン)のマイカー規制は、11日の開始から2週間がたった。県は新型コロナウイルス対策として富士山5合目の来訪者や車両数を規制しているが、富士登山ができないことなどから通行台数は例年より少なく、27日までに入場制限をした日はなかった。富士吉田・富士山パーキング(県立富士北麓駐車場)に駐車したマイカーも、昨年同時期に比べて1割未満にとどまった。

 11日に始まったマイカー規制で、県は5合目の来訪者を750人までに制限。1日の入場台数の上限をバスは35台、タクシーや電気自動車は15台ほどと定め、台数が上限に達している場合は通行規制する。

 県道路公社によると、11日~27日の観光ツアーなどの大型バス(シャトルバス除く)の通行台数は計19台で、1日の最大は11日の4台だった。タクシーは計24台で、1日の最大は12日の5台。担当者は「スバルラインの利用者は例年に比べて極端に少ない」と話す。

 一方、シャトルバスに乗車する観光客は富士山パーキングにマイカーを停車する。駐車したマイカーは27日までに計570台。昨年同時期(6027台)の1割に満たなかった。1日当たりは15日が3台で最も少なく、最も多かったのは4連休中の24日で144台だった。

 富士山パーキング観光案内所の担当者は「富士登山ができないことに加え、長雨も重なり、観光客は異例の少なさ。シャトルバスの乗客がほとんどいない日もある」と話している。

(2020年7月28日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別