2020.9.12

「ご当地ベア」一堂

河口湖自然生活館でフェア

色とりどりの「ご当地ベア」が並ぶ店内=富士河口湖町大石

色とりどりの「ご当地ベア」が並ぶ店内=富士河口湖町大石

 富士河口湖町大石の河口湖自然生活館は27日まで、日本全国の特産や観光名所などをモチーフにしたクマの縫いぐるみ「ご当地ベア」の販売フェアを行っている。新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が激減していることを受け、国内の観光客向けの商品を充実させようと初めて企画した。

 「ご当地ベア」は、土産品製造販売の藤二誠(甲府市国玉町、村田隆司社長)が全国各地の特徴を踏まえて製造している縫いぐるみ商品。フェアでは、「北海道雪うさぎベア」や「大阪たこやきベア」、山梨・静岡の「ダイヤモンド富士山ベア」など47都道府県のご当地ベア100種類以上を販売。ご当地ベアのストラップも並んでいる。

 当初は8月6~31日までの開催を予定していたが、売れ行きが好調だったため9月27日まで延長した。同館の担当者は「外出を控える傾向がある中で、全国の土産品を通じて少しでも旅行気分を味わってほしい」と話している。

 平日は午前10時~午後4時。土日祝日は午前9時~午後6時。

(2020年9月10日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別