2020.9.25

4連休「客足戻った」県内観光地

 富士山5合目満車/遊園地に列… 先行きには不安も

 新型コロナウイルス感染拡大の中で迎えた4連休が22日、終了した。客足が落ち込んでいた山梨県内の観光地は連休中、多くの人で混雑し、観光関係者は「人出が戻った」と胸をなで下ろした。

 富士山5合目は21日に一般車の駐車可能台数(308台)を超え、駐車場への入場が制限された。富士山五合目観光協会の小佐野昇一会長は「この調子だと秋の行楽シーズンに期待できる」と語った。富士吉田市の富士急ハイランドもにぎわい、アトラクションの待ち時間が最長2時間に。担当者は「感染拡大以降では最も長い。来園者は県内外問わず多かった」と話した。

 ホテルや旅館は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の恩恵を受けた。富士河口湖町のホテル「四季の宿 富士山」は8割以上が「Go To」を利用し、19~21日は満室。笛吹市の旅館「きこり」も全室が満室になった。山下安広代表は「少しずつ日常が戻ってきていると感じる。だが、今後はインフルエンザとの同時流行が心配。感染対策を万全にして観光客を迎えたい」と話した。

(2020年9月23日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別