2020.10.02

「弱虫ペダル」で北麓へGO

11月30日までスタンプラリー 観光施設にパネルも設置

スタンプを三つ集めると、先着3千人がもらえるオリジナルポストカード=道志・道の駅どうし

スタンプを三つ集めると、先着3千人がもらえるオリジナルポストカード=道志・道の駅どうし

 やまなし観光推進機構は、人気アニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」とコラボレーションしたスタンプラリーを、富士北麓地域で行っている。新型コロナウイルス感染拡大で観光への影響が深刻化する中、機構の担当者は「観光客が山梨を訪れるきっかけにしていきたい」と話している。

 「弱虫ペダル」は、自転車ロードレースに打ち込む男子高校生の活躍を描いた人気漫画が原作。作中では、富士五湖周辺が全国高校総体(インターハイ)の舞台として描かれている。

 ラリーでは、道の駅どうしや山中湖交流プラザきららなど富士河口湖、身延、道志、山中湖、鳴沢の5町村内の8施設にスタンプを設置。県内の130施設以上の宿泊施設や道の駅、観光案内所などで無料配布している情報誌「るるぶFREE山梨,20-,21秋冬」に3カ所のスタンプを集めると、スタンプ設置施設で、登場人物が描かれたオリジナルポストカード2枚組を先着3千人に贈る。

 スタンプを置いている8施設のうち、道の駅どうしや道の駅なるさわなど5施設には、登場人物の等身大パネルがあり、記念撮影ができる。11月30日まで。

(2020年9月30日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別