2020.10.27

国内誘客へ無料足湯

富士河口湖町観光連盟 ホテルに開設、増設も

 富士河口湖町観光連盟(山下茂代表理事)は、観光客が無料で利用できる足湯を町内のホテルに設けた。新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が激減したことを受け、国内観光客の誘客につなげようという試み。町内の公園や駅などにも整備する予定で、山下代表理事は「河口湖が温泉郷であることをPRし、観光地として盛り上げていきたい」と話している。

 足湯は同町船津のホテル「四季の宿 富士山」の敷地内に設置。温泉を引き、加温して40~42度に保っている。同時に23人が利用でき、休憩用のベンチも設けた。利用は午前10時~午後6時。

 24日は、足湯のお披露目式が行われ、関係者ら約20人が完成を祝った。

 連盟によると、コロナ感染防止のための入国制限で、町内を訪れる外国人観光客は例年の1割未満に激減。全国的には神奈川・箱根町、群馬・草津町などの温泉地に国内観光客が訪れていることから、富士河口湖町を温泉郷としてPRし誘客につなげようと、足湯の建設を決めた。

 今後も富士山の展望地など町内8カ所に整備する計画。建設費用は寄付でまかなう予定で、来春からクラウドファンディングで寄付も募る。

(2020年10月25日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別