2020.11.01

富士登山競走、五輪で前倒し

来年7月16日に号砲

 富士山を舞台に開かれる第74回富士登山競走(富士吉田市主催)の実行委員会が29日、市役所で開かれ、大会を来年7月16日に開催することを決めた。新型コロナウイルスの感染予防策を徹底することも確認した。

 会議には委員16人が出席。実行委事務局が7月16日の開催を提案し、了承された。例年は7月第4金曜日に開催してきたが、来年は7月23日が東京五輪の開会式に当たることから、「外国人観光客らで登山道が混雑する可能性もある」(実行委)として1週間前倒しすることにした。市役所をスタートし、5合目、山頂を目指す2コースで実施する。

 新型コロナの予防策として、参加者には大会2週間前からの体温を記入したチェックリストを提出してもらうほか、スタート前の検温や会場内でのマスク着用を徹底。参加者規模の縮小や分散スタートを実施、表彰式を簡略化する。沿道での応援も声援やハイタッチを控えてもらう。

 今年の大会は新型コロナの影響で中止だった。山頂を目指すコースの参加者に義務化する予定だったヘルメットの着用については、来年2月に開く次回実行委で協議するという。

(2020年10月30日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別