2020.11.21

白簱史朗さんの著作や評伝展示

26日まで大月市立図書館

白簱史朗さんの著作や評伝展示 昨年11月に亡くなった大月市出身の山岳写真家白史朗さんをしのび、大月市立図書館は26日まで白さんの関連書籍を集めた特別展を開いている。

 白さんの写真集やエッセー、撮影のテクニックを書いた著作のほか、白さんの生涯を描いた評伝など約20冊を展示=写真。白さんが奈良倉山から撮影した富士山の写真も展示している。

 白さんは1951年に写真家・岡田紅陽に弟子入りし、77年に日本写真協会年度賞を受賞。山岳写真家のパイオニアとして数々の作品を残し、市の秀麗富嶽十二景写真コンテストで審査員を務めていた。

 図書館担当者は「白さんは世界の名峰を撮り続け、世界的な評価を受けた。展示をきっかけに市民にもよく知ってほしい」と話している。問い合わせは図書館、0554(22)4815。

(2020年11月19日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別