2020.11.28

ズームで富士山学習

富士吉田、ミュージアムと結ぶ

 富士吉田市のふじさんミュージアムは、小学生を対象に、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用した富士山学習を始めた。ミュージアムを訪れる事前の学習として行い、関心を高める。

 4日は下吉田一小で、4年生13人を対象に実施。ミュージアムと教室をズームで結び、学芸員が富士山の登山道や富士山にまつわる女神である木花咲耶姫、吉田の火祭りなどについてクイズ形式で紹介した。

 クイズの答えは子どもたちがミュージアムを訪れた際に展示を見ながら確かめてもらう仕組みで、授業を受けた子どもたちからは「ミュージアムに行くのが楽しみになった」などの感想があった。

 富士山学習はこれまで、ミュージアムの学芸員が市内の各小学校を訪問して実施していたが、新型コロナウイルスの感染予防のため、ズームを活用する。

 今後は市外や県外の小学校などにも学習システムの利用を呼び掛けていく予定といい、市教委歴史文化課の担当者は「今回の事前学習も踏まえて学習内容を充実させ、施設の利用者増加につなげたい」と話している。

(2020年11月26日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別