1つ前のページに戻る

壁画「世界遺産 富士山」

 山梨県富士吉田市役所の庁舎壁面には、雪化粧した富士山の姿が描かれた壁画がある。富士山の世界文化遺産登録を祝って2013年に制作された。

 壁画は縦約9メートル、横約15メートル。壁画には富士山の絵と「おもてな市 富士吉田」の文言が書かれている。世界遺産登録決定後に、除幕式をしてお披露目された。

 道路側に描かれていることから、通行人も見ることができ、市民にはなじみ深いデザインとなっている。市産業観光部は「富士山が世界遺産に登録されたことを周知することができた」とする。

 壁画は、2020年の市制施行70周年を記念してリニューアルする予定で、現在の壁画は10月には見納めとなる。

 新たな壁画は、テキスタイルデザイナーで、メーカーや自治体のデザイン企画なども手掛けている鈴木マサルさん(東京造形大教授)に依頼。制作は10月に始まり、12月に披露する予定という。

 デザインの公表時期は未定。

広告