1つ前のページに戻る

2020.4.01 所属カテゴリ: 富士山麓花便り 百花繚乱 / 桜の名所 /

富士見孝徳公園

富士見孝徳公園 山梨県富士吉田市下吉田。富士急行線葭池温泉前駅のすぐ北側の高台にある公園。ソメイヨシノが約50本。富士山のビューポイントとしてカメラマンからの高い人気を誇る。桜と富士山の“競演”を楽しむことができる。同公園は大正時代に地元で疫病がはやった際、地域住民が所有しているお面を持ち出し、国福大神としてまつったのが始まりとされる。1968年、中央自動車道富士吉田線の工事により、現在地に移転した。その後、倒木や雑草が茂り、荒れ果てた状態となったが、2001年から本格的な周辺整備を行い、地元住民でつくる「富士見町緑化推進」のメンバーらが植樹や遊歩道の整備に取り組んできた。今では、1年を通じて花があふれる公園として、地域住民に親しまれている。公園から見える富士山は稜線のバランスが良い。春の桜はもとより、ツツジ、アジサイ、紅葉と、四季折々に富士山との“競演”を楽しむことができる。2005年10月には、国土交通省関東地方整備局から「関東の富士見百景」に選定された。

所在地

山梨県富士吉田市下吉田6744

見 頃 (天候により変動あり)

4月上旬

広告