1つ前のページに戻る

河口湖美術館

 富士北麓では初の公立美術館として、また山梨県内では県立美術館、白根桃源美術館に次いで3館目として1991年4月に開館。河口湖北岸の国道137沿いの国体漕艇会場に隣接し、芝生広場、庭園、駐車場を含めた敷地面積は3万6300平方メートル。鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造 )2階建てで、延べ床面積は2391平方メートル。3つの展示室、通路を兼ねたギャラリー、青く広がる河口湖を楽しめる展望ラウンジ、カフェ、ミュージアムショップなどを持つ。

 「富士山の美術館」として、富士山を題材にした絵画や版画、写真など、富士山にゆかりのある芸術家の作品を中心に所蔵している。足立源一郎の洋画、岡田紅陽の写真、和田英作の油彩画、渥美芙峰の日本画などが代表的。常設展では所蔵作品を順次入れ替えて展示しているため、訪れるたびに違った“富士”を観賞できる。

 また定期的に特別展・企画展を開催。中でも1998年に制定された富士山憲章のPRを兼ねて、翌年から富士山をテーマにした写真コンクール「富士山写真大賞」を企画・主催し、入賞作品展を毎年、元日から3月下旬まで開催している。

 ■所 在 地 山梨県富士河口湖町河口3170
 ■開館時間 
10:00~15:00 (入館は14:30まで) ※時短営業中 (2021年11月現在)
 ■入 館 料 【コレクション展開催時】一般・大学生:500円、高校生・中学生:300円、小学生以下:無料
        【企画展開催時】一般・大学生:800円、高校生・中学生:500円、小学生以下:無料
         ※団体割引などあり
 ■休 館 日 火曜日、展示替え、年末、臨時休館
 ■アクセス 【電車・バス】富士急行線河口湖駅から河口湖周遊レトロバス(レッドライン)で「河口湖美術館」下車
        【車】中央自動車道河口湖ICまたは東富士五湖道路富士吉田ICから国道139号、県道707号、国道137号および県道21号経由


イベント情報

企画展「富士の写真家 岡田紅陽」
 【開催期間】2021年9月18日(土)~12月19日(日)

コレクション展「富士山いろいろ」
 【開催期間】2021年9月18日(土)~12月19日(日)

広告