1つ前のページに戻る

2021.9.30 所属カテゴリ: ふじさんクエスト / 文化・芸術 /

かがり火揺れる幽玄の世界

 山梨県富士吉田市の「富士吉田梅若薪能」は、日本の伝統芸能に親しんでもらおうと開かれる同市の夏の風物詩。

 北口本宮冨士浅間神社の神楽殿を舞台に、周辺にかがり火をともした幽玄な雰囲気の中、能や狂言が演じられる。

 初開催は1972年。2019年の第41回公演は、人間国宝の梅若実さんらが出演。能「花月」や「紅葉狩」、狂言「昆布売」などの演目を披露。ホールの壁などに映像を映し出すプロジェクションマッピングも導入された。2020年の公演は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。

 42回目となる2021年の公演は当初8月7日に開催予定だったが、台風の接近と新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期、10月16日に開催予定。

広告