1つ前のページに戻る

ふじさんミュージアム

富士の文化を映像で体感

 山梨県富士吉田市上吉田。1979年に「富士吉田市郷土館」として開館。その後増改築を行い、1993年4月に「富士吉田市歴史民俗博物館」として開館。2015年4月に再度の改修工事を終え、リニューアルオープンした。リニューアルに伴い、愛称「ふじさんミュージアム」とロゴマークが決まった。

 同館は「見て、体験して、利用する」施設として、最新の映像技術を駆使し、富士山の歴史や信仰などを解説。館内は常設展示室、企画展示室、学習室、ふじさんラウンジ、ミュージアムショップなどなどからなる。

 展示でひときわ目を引くのが、2000分の1のサイズの富士山模型とスクリーンに映像を投影する「ヘリテージ富士」=写真下。高所からの目線で富士山の四季を体感したり、噴火の歴史や世界文化遺産の構成資産を学んだりできる。

 富士山信仰の起源と変遷、上吉田地区の御師町、吉田の火祭りなどのテーマごとの展示でも、映像を使って富士山信仰の歴史や文化を疑似体験できるよう工夫。富士山噴火とともに人々が生活を営んだ縄文から平安時代の歴史、織物文化などを紹介するコーナーもある。

 今昔の富士登山の様子を紹介するタッチパネルなどもある。富士山に関するトピックスなどについて、映像で疑似体験しながら学ぶことができる。

 写真展や町内の遺跡で発掘された出土物の展示など、年間を通じて様々な企画展や講座も開かれる。さらに、図録や叢書などの出版も行っている。

 施設のバリアフリーやユニバーサル化にも取り組み、映像の解説には手話が流れるようにした。展示の説明には英語併記を進めていて、音声ガイド(4カ国語)も導入した。ロビーでは、富士山関連グッズやネクタイなどの地場産品を販売する。

 なお、附属施設として敷地内には、国指定重要文化財の小佐野家住宅を復元した「御師住宅」のほか、県指定文化財の「旧宮下家住宅」と市指定文化財の「旧武藤家住宅」が移築されている。また、上吉田3丁目にある国指定重要文化財の「御師 旧外川家住宅」も附属施設である。

所在地

◇山梨県富士吉田市上吉田東7-27-1

開館時間

◇9:30~17:00 (最終入館は16:30まで)

入館料

◇大人:400円、小中高生:200円(御師旧外川家住宅との共通入館券)
※団体割引などあり

休館日

◇火曜日(祝日を除く)、年末年始、臨時休館日

アクセス

◇【電車・バス】富士急行線富士山駅から路線バス山中湖方面行きで「サンパーク富士」下車
◇【車】中央自動車道河口湖ICから国道139号、138号を山中湖方面へ
    東富士五湖道路山中湖ICから国道138号を河口湖方面へ


イベント情報

企画展「重要有形民俗文化財指定記念企画展 吉田口の富士山信仰用具―御師・山小屋・富士講のたからもの―」
 【開催期間】2022年6月25日(土)~9月26日(月)
 【開催会場】ふじさんミュージアム企画展示室
 【休 館 日】火曜日 (7、8月は無休)

広告