1つ前のページに戻る

2002.8.08 所属カテゴリ: ふじさんクエスト / 文化・芸術 /

新婚家庭で家族の幸せを祈願

 山梨県富士吉田市小明見の向原地区で行われる、地区内の新婚家庭を道祖神が訪れる「おかたぶちこう」

 向原地区に伝わる小正月の伝統行事で、1月13日の夜、中学2年生が天狗やおかめなどの面を着けた道祖神の使いに扮して新婚家庭を訪問。道祖神の使いは差し出されたご祝儀の中身を確認し、ご祝儀が少ないと、お盆をひっくり返し、ヒノキの枝をたたきながら増額を促す。ヒノキの葉が多く落ちるほど縁起がいいとされる。金額に納得すると、夫婦円満や子孫繁栄、家内安全、商売繁盛などを祈願する。
広告