1つ前のページに戻る

富士山七合目救護所

 富士山吉田口登山道7合目の標高2790メートル、山小屋「鎌岩館」下に山梨県が設置、夏山シーズンの一定期間開設する。

 千葉大学医学部に運営を委託、同大の医師と医学生が2人一組で24時間、無料で診療にあたる。特に多くの救護者が予想される期間については、看護学生も加わり3人で対応する。2007年にはAEDを導入した。鎌岩館をはじめ、各山小屋と連絡を取り合い連携している。

 2017年からはタブレット端末を設置し、医療用語に精通した通訳者と話ができるサービスを開始。対応時間は平日午前8時半~午後6時半で、英語、中国語、韓国語に対応。そのほか、端末を通じて日常会話レベルの通訳と話ができるサービスはポルトガル語、スペイン後、タイ語、ベトナム語、ロシア語で提供する。

  県営救護所は戦前、8合目の富士山ホテル内にあったが火災で閉所。1952年には5合目に設置。1956年に7合目現在地に移築し、千葉大学医学部に運営委託を開始した。1981年8月、台風15号による土石流で全壊したが、翌1982年7月に再建した。建物は木造平屋建てで、床面積34平方メートル。環境に配慮し、アースカラー(茶色)に塗装されている。

 2019年の夏山シーズンは、7月13日~15日、7月20日~8月25日に開設。

 2020年の夏山シーズンは、新型コロナウイルスによる登山者および関係者の安全確保が困難なことから、吉田口登山道が閉鎖されるため、開設中止。

広告